オリジナル船台製作

今回当社のHP見ていただいた方からヨット用の船台の引き合いがあり早速オーナー

さんとお会いしその足で船体の確認とオーナーさんの要望を聞き図面の製作

(私は漁師の息子ですが子供の時ヨットに乗た事がある程度の知識しか有りません)

オーナーさんと打ち合わせ中に今回のヨットはレース用との事を聞き背中に冷たい物が

どうなるのか内心ヒヤヒヤしかし色々ヨットに必要な知識教えていただき助かりました。

見積もり提出、即注文をいただき納期厳守にて早速製作に掛りました

船台A.JPG  ベースとなる部分はH鋼を使用し

刻み及び組立溶接に掛ります

 

船台B.JPG H鋼の内側にチャンネルの補強材

やキールの受け台用鋼材接合

船台C.JPG 船尾部ベースにハル受けの付い

た脚部仮組補強を入れるレース艇の為キールが長く受け部は高めに設定キールの通る開口必要

船台E.JPG 船首部もベースに仮組補強材を

溶接これでほぼ全形が見えはじめイメージ出てきます

船台G.JPG 溶融亜鉛メッキ後チャンネル受け部

に木材にて船底のアールに合わせ加工さらにウレタンパット50mmを貼り付け極力

船底のゆがみがおこらない様にとオーナーさんの要望でした。

船台H.JPG 脚部とベースの接合ステンレス

ボルトにて(当然?ドブメッキボルトもいいかも)本締めマリーナキャスターも取付完了船台J.JPG キール受け部の取付とセール等

の格納用400φのパイプ2本と150φパイプ1本取付すべて完成

船台K.JPG 

どうにか無事に制作から納品まで出来ましたこれもオーナーさんの指示やご指導により

出来たものだと思います次回はもっといいものと構想はいくつもあります。

ヨット1.JPGヨツト3.JPG

ヨット2.JPG木の台座部再度削り直し船底とのフィット感出ました

この写真見てびっくりしている人がいると思いますがそうですCAVOKです10月23日

行われた日本最大級のレースの第13回ベイサイドマリーナオープンヨットレースにて

新艇デビューレースにてクラス優勝オープン総合優勝した艇です。

初めて造ったヨットの船台が、まさかこれほどすごい成績を出す艇とオーナーの白岩様

の物とは・・・・感激です。

予算に合わせた船台製作しますお気軽にご連絡ください。関東近辺であれば打ち合

せに御伺いいたします)

  IMG_0268.jpg

先日納品完了しました45フィートヨットの船台です  寸法5500Lx2600wx2000H

ヨット乗せると小さく見えます、船台重量も1,860kg有ります

IMG_0261.jpg

ハル受部(バンカー)はお客様の製作品ですこれですと非常に船体にやさしいと思います

FRP製です。

IMG_1127.jpg

五月に納入いたしました船台です、空の色と雲のコントラストとヨットの全景が良かったので載せて見ました

安価なタラップ試作しました、マリーナタラップに写真乗せましたご覧ください。